肌荒れとはお肌がガサガサと荒れることだけじゃない

肌荒れと聞くと、「お肌がガサガサしている状態」だと思っているのでは?

肌がガサガサとして乾燥しているのも肌荒れではあるのですが、この他にも、

  • くすみ
  • 毛穴の開き
  • シミやシワ
  • 吹き出物
  • 大人ニキビ

も肌荒れになるんですよ。このようにさまざまな肌荒れがあるので自分のお肌の状態をしっかりと見極めないと、正しい肌荒れケアができません。


原因を見極める

原因を見極めることから始める

肌荒れケアで重要なのは、それぞれのお肌の状態に合っている方法で行うということ。ただこの他にも原因を追求することが大切です。

いくらケアを頑張っていても、肝心な原因を改善するようにしなければ肌荒れも良くなりません。

  • くすみ → 体調不良、ストレス、睡眠不足、疲労など一時的な原因
  • 毛穴の開き → 皮脂の分泌増加、老化現象
  • シミやシワ → 乾燥、紫外線
  • 吹き出物 → ストレス、皮脂の過剰分泌、毛包炎
  • 大人ニキビ → 体調不良、精神・身体ストレス、便秘、間違ったスキンケア、乾燥肌、ホルモンバランスの崩れ

がそれぞれの肌荒れのざっくりとした原因になります。例えば毛穴の開きが気になるという場合、肌荒れケアとしては皮脂の分泌量を整えるようにして、毛穴のたるみを改善するようにすることも必要になるわけです。


正しい肌荒れケアができなければ悪化するだけ

正しい肌荒れケアをすることが大切

ざっくりとした肌荒れの原因がわかったら、今度は正しい肌荒れケア方法です。すぐに病院へ行く人もいますし、出来るだけ睡眠をとるようにしたり、使っている化粧品を全て買い換えてみたり。

これ以上酷くならないように何もつけないという人もいますし、逆に基礎化粧品をたっぷりと使うように心掛けるという人もいます。元々のお肌の状態や肌荒れの原因は人それぞれなので、どの方法が一番いいのかは一概には言えません。

ただし「お肌の乾燥」には十分に気をつける必要があります。「お肌の乾燥は百害あって一利なし」と覚え、保湿は特に重点的に行うようにしましょう。

お肌が滲みるような感じがする場合は使い方にも気をつける必要があります。たまに化粧品を一度に全て買い換える人がいますが、少しずつお肌の様子を見ながら使ったり買い換えたりしていきましょう。

一般的には油分が多いものやテクスチャーが固い、トロッとしているものは比較的に滲みにくいです。使っているアイテムの使う順番を変えるだけでも肌荒れが改善することもあるので、いきなり一度に変えるのではなく、少しずつ様子を見ていくようにしましょう。


刺激を与えないようにして休めましょう

肌荒れケアで大切なのは、「出来るだけお肌に刺激を与えないようにする」ということ。生活習慣を見直したり、使っているスキンケアを見直すというのも大切です。

でも出来るだけお肌に刺激になるようなことは避けて、お肌から水分が逃げて行かないようにすることが大切です。

その上で、それぞれのトラブルに合わせた方法で肌荒れケアを行っていきましょう。